屍人荘の殺人 あらすじと感想

大変大変お久しぶりです。 

 

書くことサボってましたすみません笑笑

 

今回は珍しく本の紹介をしようかなと思ったので書いていきます。

 

今日書くのはこちら

 


屍人荘の殺人

  

www.tsogen.co.jp

 

 

屍人荘の殺人

 

 

屍人荘の殺人 (創元推理文庫)

 

*第1位『このミステリーがすごい! 2018年版』国内編 
*第1位〈週刊文春〉2017年ミステリーベスト10/国内部門
*第1位『2018本格ミステリ・ベスト10』国内篇
*第18回本格ミステリ大賞〔小説部門〕受賞作

 


著者・今村昌弘さんは、2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。

ミステリー作家が口を揃えて「新本格派の小説」だと言う今作。数々の賞を受賞しており、ミステリーファンなら既に読んだ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 


また、12/13に主演神木隆之介さんで実写化されます。今一番アツい小説です!!

 

shijinsou.jp 


今回もネタバレあり/なし両方書いていきます!

 


さっそくあらすじへ

 


あらすじ

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、いわくつきの映画研究会の夏合宿に参加するため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。

合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。

緊張と混乱の一夜が明け――。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった……!! 

究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り、謎を解き明かせるか?!  

 

 

葉村はワトソン、明智はホームズ(とは言っても推理は当たらない)。そんな2人の前に比留子という美人大学生探偵が現れ、ひょんなことから彼らは奇妙な噂が流れる映画研究会の合宿に参加することになります。


最初から彼らはこの合宿を怪しいと思っていたのですが、想像を絶する恐ろしいことが起きてしまいます。

しかしそれはただの序章でした。本当の恐怖はそこから。


彼らは生き延びるために、持ち前の推理力とミステリー小説の知識を駆使して謎を解決していきます。ハラハラドキドキのミステリーサスペンス小説となっております!!!

 


感想①(ネタバレなし)

 


よくできています。ほんっとうに。

 

熱中しすぎて電車を降り損ねたほどです。久々に降り損ねたので悔しい。

 


伏線が全て回収されています。なんなら伏線じゃないと思っていたものも伏線だったり笑


無駄が一切ない。あるようで無い。

 


例えるならば


「おしゃれでいろんなインテリアが置いてあるけど、全ての物に機能がついている"ただの飾り"がない部屋」

 
と言ったところでしょうか。

 

 

今回の作品は紫湛荘というペンションで起きる事件を描いた作品です。途中から外部への出入りや連絡がができなくなるのですが、こういうものをクローズドサークルと言います。それが起きた理由が「え????」ってことなんです。この"要素"、本当に予想外です。

 
しかしこれだからこそ、このミステリーが成り立つ。


ミステリー小説に使われる新しいトリックはもうないというのはかなり前から言われています。では新しい小説でどのようなトリックが使われるかというと、過去のトリックを掛け合わせていくんです。

 
今回の作品も「このミス」に選ばれてるくらいなので、そんな簡単なトリックではありません。

 
そしてその"要素"によってよりこの謎が難解なものにさせていくのです。

 
私は映画の予告だけを見ていて「こんなのやるんだ面白そ〜」みたいなノリで今作を読んだんです。映画の予告以外なんの情報もない状態でこの本を読んだので1ページ目から「ほえ???」と言う声を出してしまう始末…笑

 


また、小説特有の名前覚えられない現象。筆者の計らいでわかりやすくなっております…私のように「鈴木(※小説には出てきません)って誰やねん」状態になりがちな方安心してください…かなり読みやすくなっております。

 


小説あんまり得意じゃない方も読みやすい作品。久々に本読みたいけど難しいのはなぁって方にオススメです!!

 

 

斬新でのめり込んでしまう作品でした。映画公開まであと1ヶ月あるので是非読んでみてください!!

  

 

屍人荘の殺人 (創元推理文庫)

 

  

 

 

 ここからネタバレありになるのでネタバレ食らいたくない方はUターンしてくださいませ…

 

 

 

 

 

 

感想②(ネタバレあり)

 


いやぁ、久々に電車を降り損ねました笑


それもかなり長い間気づかず、初めての土地にたどり着いたほどです。それくらい久々にのめり込んでしまいました。

 
最初1ページ目を開いたら全然知らない話が突然始まっている。それも「班目機関」なる言葉。いやなんやねん。え、そんなオカルトチックなん???

 

 

オカルトチックでした…

 


いやゾンビ出てくると思わんやん。流石に途中から気づきましたけど、まあ気づきませんでした。


読み初めはいかにも閉じ込められそうなペンションという設定だけど、ちゃんと陸続きだしクローズドサークルになる要素があまり無く、多分閉じ込められるんだろうけどどう閉じ込められるんだろうとうねうね考えておりました。

 

まさかゾンビが囲むとは笑

 

このゾンビは、葉村が経験した東日本大震災で学校やマンションを襲った津波・海水とリンクします。水が流れ込み、住居スペースを浸水してくるように、ゾンビたちもゆっくりと侵略してくる。

 
その恐怖をじっくりゆっくり描いていく。

 
そんな中で起こった殺人を解いていく様子は最高にワクワクしました。

 

 

そして読んだ皆さんならわかるでしょうこの気持ち。

 

 

 

明智さん😭😭😭😭😭😭

 

 

 

そんな早くにフェードアウトするなんて😭😭ショックすぎて本を閉じました…

 


「うまくいかないもんだな」

 


うまくいってヨォォォォ😭😭😭😭

ゾンビたちにやられるの早すぎるだろォォォォ😭😭😭😭

 


最後の最後までずっといるものだと思っていたのでショックが大きかった…

 
しかし人はどこかで期待してしまうんですよね。シャーロックホームズのように死んだと見せかけて本当は生きていた。あるいは進撃の巨人のエレンのように復活するパターンを願ってしまう。

 
しかし最後その願いは儚くも散っていく…ツラカッタァ…


最後ゾンビになった明智さんに向かって比留子さんが放った台詞は大胆でカッコよくて、葉村への2つの意味での告白のように聞こえました。痺れました。

 

班目機関についてはまだ謎に包まれており、シリーズを通してきっとわかってくることでしょう!!早く知りたい!!
 

一応すでに続編「魔眼の匣の殺人」が出ているのでまだ読んでないよーって方はそちらも是非読んでみてください!ちなみに私は半分くらい読んだところです。

 

魔眼の匣の殺人

 

 

 

映画の方では映画研究会がロックフェス研究会となるなど、少し設定が変わっているのでどのように変わっているのか楽しみですね!

 

shijinsou.jp