海獣の子供はこの夏1番のアニメだと思う(多分)

www.kaijunokodomo.com

 

海獣の子供はかなり前に見に行ったんですが。

一言で感想を言うと、

映画を見ていたら突然スクリーンから波がザッッッッバーーーーーーーーーンってきてベタベタになったと思ったらそのまま溺れた

 

と言うところです。マジでよかった。余韻に浸りまくりです。時間があったらもう一回観たい。

 

なのにもうやってない!!!!そんな話ある?個人的には君と、波に乗れたらよりも好きなのになあああああ!!!!!!!!!!!ええ??なんで???めちゃくちゃ良かったのに…

 

まだ観てないみなさん、もし最寄りの映画館で公開されてたら観に行ってくれ…お願い…

 

 

気を取り直して感想書いていきますね。今回は短めに(許して)

 

 

こちら漫画原作でございます。みんな買ってて買えませんでした。トホホ…

 

まずね、絵のタッチが非常に細かく美しい!線の一本一本から生き物たちの息遣い、感情が感じ取れる。そして劇場内にピアノの一音一音が静かに力強く響き、その空間はまるで音が泳いでいるような、美しく爽やかで胎内にいた頃のような心地よさがある。つまり海の生命力が映像と音楽ではっきりと伝わったのです。

 

我々の頭には神経細胞があるのですが、それは未知のもので、その姿は銀河に見えるらしいんです。海くんと空くんの中には無数の宇宙の存在があって、彼らが祭に招待されることで新たな宇宙が生まれ、新たな生命が生まれる。ありきたりな感想になってしまうんですが、あの最後はそれを表してたんだろうなと…

 

この映画は、誰もが一度は考えたことがある「自分とは何か」「生き物はなぜ存在しているのか」「宇宙はどこにあるのか」この疑問とそのヒントを具現化したものでした。

 

あと声優さん方みんな上手かった。吾郎ちゃんうますぎてエンドロール見るまでわからなかったです。

 

はーーーーーー。映画、やってくれないかな。