3.11 今日だから紹介したいドラマ

東日本大震災から8年。あの頃12歳だった私ももう20歳になりました。

 

今、もう一度見て欲しいドラマを二つ紹介します。

 

 

 

空飛ぶ広報室

 

www.tbs.co.jp

 

こちらは2013年にTBSで放送されたドラマです。主演は新垣結衣さんと綾野剛さん。

 有川浩原作です。

 

 

 当時は見ておらず、アマゾンプライムで見ました。

 

 

舞台は航空自衛隊広報室。新垣結衣演じる稲葉リカはテレビ局に勤めており、情報番組のディレクター。報道記者になりたい夢があり、入社後、希望通り報道部にて記者となりますが、トラブルに巻き込まれて情報部に異動。そんな彼女は報道部に戻りたい一心で航空自衛隊広報室を取材します。

一方、綾野剛演じる空井大祐は広報室にいる自衛官。実は元戦闘機パイロットでした。ブルーインパルスに乗りたくて航空自衛隊を目指した彼ですが、不運にも交通事故に遭いパイロットには戻れなくなってしまいました。

そんな二人は共に時間を過ごす中で、衝突しあいながら成長して行きます。

 

 

 

こちらのドラマ、この二人が尊い。そして言葉が沁みる。本当に良いドラマです。知ってるけどよくわからない職業の自衛隊ですが、少し自衛隊について知ることができるし、何と言っても自衛隊の人々への思いや彼らの葛藤がとてもよく描かれています。

 

またこの二人だけでなく他の広報室のメンバーも温かくそれぞれの思いを背負ってそこにいるところも素敵です。

 

 

 

 

アンナチュラ

www.tbs.co.jp

 

こちらは最近ですね。オンタイムで見ました。今だとParavi(パラビ)などで見れます。paraviは1ヶ月無料なので是非(体験しようか迷い中な私…)

www.paravi.jp

 

日本に170名ほどしかいない法医解剖医達の日々を丁寧に描いているドラマ。見た方も多いのではないでしょうか。主人公は石原さとみ。そして井浦新窪田正孝市川実日子そして松重豊など錚々たるメンバーが脇を固めています。

亡くなった人を想い、今生きている人を救うために『不自然な死(アンナチュラルデス)』の真相を解いていきます。死を扱い、生と向き合う。個性的なメンバーと共に『不自然な死』と向きあっていく彼女をテンポよくスムーズに、そして爽やかに描いています。

 

このドラマも法医解剖医というあまり知られていない職業を描いています。彼らは他の人と変わらず、恋愛をし笑い食事をする。普通の、タフな彼ら。そんな彼らが

どういう思いを持って人々の死と向き合うのか、その不自然な死の裏側には何があるのか

とても考えさせられるドラマです。この時代ならではの死もとりあつかい、見ている私たちにも身近なものばかりでした。

 

 

 

二つのドラマの共通点

 

この二つのドラマの脚本家は野木亜紀子さん。彼女は人との出会いを丁寧に書いていると思います。なぜこの人なのか、なぜ出会ったのか、普通に生きている人を丁寧に描いています。

 

そして両方のドラマに東日本大震災のことが描かれています。あの日あの時、自衛隊は、法医解剖医は、何を思ったのか。この二つのドラマを見ると、私もあの日を思い出し、あの日あそこにあった日々に、人々に、思いを馳せます。

今回は紹介しなかった野木亜紀子さんが脚本を担当した『獣になれない私たち』でも描かれていますが、野木亜紀子さんは東日本大震災を風化させたくない、もう一度、思い出して欲しいと、私たち視聴者に訴えかけているように思います。

 

今日だから見て欲しい、今日だから紹介したいドラマでした。

 

空飛ぶ広報室では、原作でより東日本大震災のことが詳しく書かれています。)

 

今日はぜひYahoo!で「3.11」を検索してください!